絶対に買ってはいけないスナックケースはこれだ!

スポンサーリンク

百均なしには生活できない!と言っても過言ではないぐらい、ダイソーにもセリアにもキャンドゥにもお世話になりまくっている我が家。

以前の記事にも書いたように、気に入ってリピしている育児グッズも結構ある。

詳しくはこちら→百均でリピ買いしているコスパ最強使える育児グッズはこれ!!

でもでも、買っても使い物にならなかった商品があるのも事実。今回はそんな百均で買って失敗したグッズをご紹介。

スポンサーリンク

セリアのスナックケースが使い物にならない訳

子どもがお菓子を自分で手づかみで食べれるようになったら、ママはかなーり楽になる。

車の中で、買い物中、家で家事をしているとき等々、子どもが一人でお菓子を食べていてくれたらとても平和に過ごせる。(お菓子がなくなったら機嫌が悪くなる可能性がある諸刃の剣だけど・・・。)

でも、子どもが一人でお菓子を食べると付いてくるのが散らかす問題。そして小さい袋のお菓子は意外と取りづらい。そんな問題を解決してくれるスナックケースはとても便利な育児グッズ!百均にも売っているから、何てありがたい世の中だと思い、セリアにて購入したのがこちら↓↓

持ち手が付いていて子どもが一人でケースを持って食べられる、内蓋が付いているからこぼれにくい、一粒ずつ取って食べられるという優れものに見えるけど・・・・

これ、内蓋がちゃっち過ぎて中身がこぼれます!!

写真でお気づきだと思うけど、何度か使用するうちに内蓋が隙間だらけになった。

このケースを使うのは大体1歳〜2歳ぐらいの子ども。これぐらいの年齢の子どもは物を振り回すのが大好き。特に中にお菓子が入っていると、ガラガラ音が鳴ってそれだけで楽しいし、お菓子がもらえてテンションは高くなっているし、気づいたら中身は全て床の上へ・・・

これなら袋ごとあげた方がマシだったんじゃないか?と思うほど。

スナックケースを使う意味がない!!!

でも、例えば買い物中、大人しくしていて欲しい時に袋のままお菓子をあげても、すぐひっくり返してしまう事もある。上手に食べていても、最後の方でうまく掴めなくなって騒ぎ出したり・・・どんなにひっくり返されても中身がこぼれなくて、子どもが一粒ずつ掴んで最後まで食べられるスナックケースが必要!となって、色々リサーチした結果これを買ってみた。

レック アンパンマン おやつカップ

(画像からAmazonの商品ページに飛べます。)

こちらに買い換えた結果、大満足です!!

アンパンマンのおやつカップがおすすめな訳 

やっぱり百均商品とはクオリティが雲泥の差。最初からちゃんとお金かけとけばよかったと思うほどに。

まず、少々のことでは中身がこぼれないことがスナックケースに必要な絶対条件。

アンパンマンのおやつカップは、内蓋がかなりしっかりしているから、子どもがひっくり返しても、全然こぼれない!

ちなみにセリアのスナックケースとアンパンマンのおやつカップの内蓋の比較写真はこちら↓↓

上の半透明なのがセリア、下の黄色いのがアンパンマン。

厚さが全然違う。雲泥の差が目に見えませんか?

何度洗っても内蓋がちゃんと元の位置に戻ってくれる。全然劣化しないから長く使える。

安いのはありがたいけど、お金をかけた方が結果得する物があるのも事実。意外とクオリティが高い百均グッズもあるし、なかなか難しいなー。

そして、色々リサーチしていた時に知ったのだけれど、スナックケースには内蓋がカパっと開けられるタイプの物も結構多いらしくて、それだと子どもが簡単に内蓋を開けてしまって使い物にならないということ。でも、アンパンマンのおやつカップの内蓋は手で回して開け閉めする作りになっているから、1歳〜2歳ぐらいの子どもはそう簡単には開けられない。これもかなりのおすすめポイント!

更に更にみんな大好きアンパンマンの柄だから、もう文句なし!

我が家の必須アイテムだ。家でも外でもかなーりヘビロテしている。

うちの長男、現在2歳9ヶ月だけれど、物凄いやんちゃで、すぐお菓子の小袋をひっくり返すから、未だにこれにお世話になっている・・・。

静かにしていて欲しい時、でもお菓子を散らかしたらダメな場所で、大人が目を離してもちゃんとお菓子を食べられる何ともありがたい商品!

Amazonなら普通の店舗より少し安く買えますよ!

こちらからどうぞー!!


レック アンパンマン おやつカップ (ダイカット)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする